理想通りに仕上げる|業者との連携が重要な店舗デザイン【理想を形にしよう】

design

慎重に選びたい店舗デザイン!肝心となる打ち合わせ

理想通りに仕上げる

お店

店舗デザインの依頼前にお店のコンセプトを決める

店舗デザインを行う上で最も重要になるのがお店のコンセプトを決めることです。それに合わせた形で最終的なデザインを仕上げることになるからであり、内装や外装を整える上で重要な軸になります。ただ見た目のデザインだけでなく経営方針にも関わる部分であり、従業員や顧客がどのように現場を行き来するようにして、何を感じるようなお店にしたいかという希望を一つの形にすることが大切です。そのコンセプトをわかりやすい形にまとめて業者に伝えると、デザイナーはそれを実現できるように店舗デザインを考案してくれます。曖昧な気持ちで依頼しようとしてしまうと業者側の希望するデザインに仕上がってしまう場合もあるので事前準備が肝心です。

即契約ではダメ!無料相談や無料見積もりを活用しよう

業者に相談して店舗デザインをしてもらうときには相談から始めることになります。その相談をしているうちに見事なデザインを提案してくれて、これが良いと感じて即契約してしまう場合もありますが、もう一度よく考えてから契約をすることが大切です。名古屋には多くの店舗デザインを手がける業者があるため、それぞれが魅力的なデザインを提案してくれる可能性を秘めています。無料相談を行っているのが基本なので多くの業者に相談してみるのが重要です。そして、費用や施工期間についての情報も得るために無料見積もりを取って比較をすると良い業者に依頼できます。

ムダを削ってコストダウンをすることも可能

店舗デザインはコストをかければそれだけ良いものができます。しかし、かけたコストは営業によって取り返さなければならず、それ以前の問題で資金確保が難しい場合も少なくありません。見積もりを取ってその予算は難しいというときにはコストダウンのための交渉を行うことも重要になります。ムダを削っていくことでコストダウンできることは多く、他の業者に相談すると別の形でコストダウンの提案を受けられる場合も少なくありません。その点でも重要なのが複数の業者に相談することであり、その相談内容を総合的に見て最良の施工を行おうと考えるのが肝心です。

店舗デザインの施工から完成までの流れ

施工前に必要な打ち合わせ

店舗の工事を施工してもらう前には必ず打ち合わせが行われます。デザインの図面を引いて番的なデザインのプランを提示してもらい、その内容について細かに吟味をしてコンセプトを具体化するデザインを作り上げる段階です。草稿を最初に提案してもらった時点で意匠設計契約を結び、それから本格的にデザインを作り上げてもらうことになります。

契約をして施工を依頼

図面上でのデザインができた時点で工事請負契約を結ぶことになり、実際に工事を実施してもらうことになります。契約の際には正式な計画書と設計書、見積書が渡されるので、その内容が打ち合わせ通りであるかどうかをよく確認しなければなりません。その内容に納得して契約書にサインをしたら計画書に従って工事が行われていきます。

着工準備から工事の施工へ

店舗に関する工事を行う上では着工準備として通常は挨拶回りが行われます。施工に伴って迷惑がかかる可能性がある個人や法人に対して説明が行って理解を促してもらう段階です。この期に設計書に従った店舗デザインを順次行っていくことになります。配管工事から内装工事へと移行してインフラから順に外観に至る部分まで工事が進められるのです。

現場での打ち合わせの実施

施工中はただ待っていれば良いという場合もありますが、多くの業者では現場での打ち合わせを実施しています。現場でどのような店舗設計にするかについて随時打ち合わせを行い、設計書からの微修正も行いながら理想の形に近づけるようになっているのが一般的です。大幅な変更についても受け入れてもらえることが多くなっています。

各種検査を経て引き渡し

納得のできる形でデザインが終わると、次の段階として各種検査が行われます。行政完了検査に加えて、業者が独自に定めている性能や安全性等に関する検査を実施し、その結果報告書を受け取るというのが基本です。その結果を受けて保証書などの発行を含めた関連書類の引き渡しが行われ、店舗そのものの引き渡しも行われます。

店舗デザインに関するQ&A

部分的な改装についても対応しますか

基本的には全面の店舗デザインを行っている業者が多いですが、部屋の一部といった狭いスペースであっても階層に対応している業者はあります。什器の入れ替えなどの簡単なものであってもデザインの一環として対応するのが通例です。

施工にはどの程度の期間がかかりますか

施工期間については規模によって大きな違いがあります。全体工事の場合には平均的には一ヶ月から二ヶ月程度の期間が必要になりますが、部分的な改装の場合には数日だけで終えられる場合もあるので問い合わせて確認することが必要です。

店舗物件探しから対応してくれますか

まだ物件が決まっていないというときには賃貸物件を探すところからサポートする業者もあります。居抜き物件などの初期費用を抑えやすい物件を紹介し、それを理想的な形に改装するという形で対応する業者も少なくありません。

問い合わせの方法はどのようなものが選べますか

業者によって問い合わせの受け付け方には違いがあります。店頭や電話での対応はほとんどの業者が行っていますが、メールやウェブフォームでの申し込みができることも多くなって24時間いつでも連絡できるのが現状です。

広告募集中